旨みがぎっしり カニすき レシピ

たまにはちょっと豪華にカニすき鍋はいかがですか。
プリップリのカニの食感と、旨味が存分に味わえるお鍋です。
お鍋の締めは、カニの旨味が溶け出したスープに、ごはんと溶き卵を入れたカニ雑炊もおすすめです。

材料(2~3人前)

調理例かにすき

ずわいがに … 4肩(約900g)
白菜 … 1/4個
春菊 … 1/2袋
えのき茸 … 1袋
しめじ … 1袋
長ねぎ … 1本
にんじん … 1/2本
絹ごし豆腐 … 1丁(320g)
だし昆布 … 10cm ×10cm 3枚
濃縮出汁 … 1本
水 … 濃縮出汁に記載されている分量

作り方

昆布で出汁を取り、鍋に入れます。
白菜を洗って水気を切って、ざく切りにし、春菊は洗って水気を切ります。
えのき茸・しめじは石付きを切落とします。長ねぎは洗って薄い斜め切りにします。
にんじんは皮をむいて薄い輪切り、または飾り切り(型抜きをつかうと便利)にします。
絹ごし豆腐は食べやすい大きさに切ります。
鍋の昆布だしに濃縮出汁を入れます。
(分量はあくまで目安ですので、味を見て加減をしてください。)
材料を入れてふたをして中火にかけます。火が通ったら、どうぞお召し上がり下さい。

料理のコツ・ポイント

昆布の出汁を取るときは、グツグツと沸騰させるとエグミが出るので、フツフツと静かに火にかけてください。
身の少なそうな足の先や甲羅を入れ、まずはカニから出汁をとると美味しさが増します。

JFケイソン冷蔵厳選ギフト

野菜たっぷり ブリしゃぶ レシピ

たっぷりの野菜と食べる、ブリのしゃぶしゃぶです。
ポン酢とめんつゆの甘酸っぱいつけダレに、ゆず胡椒を加えてピリッとした辛さと風味をプラス。
お好みのお野菜やつけダレでお召し上がりいただけるので、色々なバリエーションでぜひお試しください。

材料(2~3人前)調理例ぶりしゃぶ

ぶり(刺身用・柵) … 500g
白菜 … 1/4個
長ねぎ … 1本分
にんじん … 1/2本
えのき … 1株
しいたけ … 2~3個
水菜 … 1袋
濃縮出汁 … 1本
水 … 濃縮出汁に記載されている分量

つけダレ
ポン酢 … 大さじ4
めんつゆ(2倍濃縮) … 大さじ2
ゆず胡椒 … 小さじ1(ゆず胡椒はお好みで)

作り方

白菜を洗って水気を切ってざく切りにし、長ねぎは薄い斜め切りにします。
水菜を洗って水気を切り、ざく切りにします。
にんじんは皮をむいて薄い輪切りにし、えのき・しいたけは石づきを切り落します。
つけダレの材料をまぜます。
鍋に濃縮出汁と水、にんじんを入れて中火でひと煮立ちしたら、他の野菜を入れます。
(分量はあくまで目安ですので、味を見て加減をしてください。)
ぶりをくぐらせてつけダレに付けて完成です。

料理のコツ・ポイント

ねぎのシャキシャキ感を残すために調味料が沸騰してから、入れるのがおすすめです。
ぶりの加熱具合はお好みで調整してお召し上がりください。
出汁は種類によって風味や味の濃さが異なるので、パッケージに記載されている分量を目安にし、お好みに合わせてご使用ください。

食べ終わったら

ぶりの旨味たっぷりの出汁で〆の雑炊・うどん・そばなどはいかがでしょうか?
ぶりラーメンなどもおすすめです。

JFケイソン冷蔵厳選ギフト

昆布〆刺身の食べ方

食べる前に解凍

おすすめの解凍方法は、冷蔵庫でゆっくり解凍する方法です。
冷凍庫から冷蔵庫へ移し、8~10 時間ほどかけて解凍して下さい。
夕食にお召し上がりの際は、その日の朝に冷蔵に移すのが良いでしょう。
1日おくと昆布の旨みがしみわたり、ますます美味しくなります。

昆布をはがす

昆布をつけたままでも食べられますが、厚くて食べにくいときは はがしてお刺身を取り出します。

お刺身をおいしく食べる

お刺身はそのままお皿に盛り付けます。
お刺身に昆布の旨みがしみているので、そのままでも食べられますが わさび醤油でも美味しく食べられます。

はがした昆布をもう一度

細かく刻んで酢の物や野菜サラダなど。
野菜かき揚げ、煮物や鍋の出汁にも使えます。
魚の旨みもしみ込んでさらに美味しい一品はいかがですか?

JFケイソン冷蔵厳選ギフト

ずわい甲羅盛り 食べ方

「ずわい蟹」と塩だけを使い、風味を損なうことなく急速冷凍した、「ずわい甲羅盛り」をお届けします!
甲羅の「カニミソ」とジューシーなほぐし身を混ぜ込み、棒肉(脚肉)・いくらを乗せました。
料理屋さんでもそのままお出しできるような美しい仕上がりですから、大切なお客様にお出しするおもてなしの食材としても、「自分へのご褒美」にも、冷凍庫に是非常備しておきたい一品です。

解凍方法

袋に入れて水を張ったボウルや鍋、バットに入れ、流水をあてて解凍していきます。この際、カニのトゲで袋に穴が空かないように気をつけましょう。
解凍時間は10~15分ほど。ポイントは完全に解凍せずに、半解凍の状態にすることです。
電子レンジでの解凍は、身がパサパサになったり、旨味が逃げたりしてしまうので NG です。
急ぐ場合は、20℃前後の室温でゆっくりと解凍するようにしましょう。
かに製品は酸化が激しく、一度解凍したものを再凍結しますと、黒くなるなどの品質劣化の恐れがありますので、おすすめしません。
解凍後、時間経過にともない乾燥して身がパサパサとした状態になり、美味しさが半減いたしますので、お早めにお召し上がりください。

美味しい食べ方

解凍後そのままお召し上がり下さい。
お召し上がり直前まで、冷蔵庫で保冷しておいてください。
蟹は冷えた方が甘みを感じやすく、より美味しくお召し上がりいただけます。

さらに贅沢な食べ方はこちら!!

解凍後、このまま食べることができますが今回は甲羅焼で!!
網の上焼くこと数分・・
かに身がぐつぐつとなってきたら食べごろです。
ずわい甲羅盛り
最後に甲羅にお酒を注いで甲羅酒!
などはいかがでしょうか?

JFケイソン冷蔵厳選ギフト